前髪ストレートのこだわり。

Pocket
LINEで送る

東京、吉祥寺のUn ami kichijojiで美容師をしている西口朝都です。

縮毛矯正のスペシャリスト。

自己紹介はこちらから。

 

 

 

前回、縮毛矯正もデザインの一つという話をしました。

 

 

 

今回はその例を一つ。

 

 

 

意外と多い「前髪ストレート」

 

 

前髪だけなので、そんなに時間はかかりませんし、結構気軽にやられる方が多いです。

何より楽。

 

 

 

でも前髪が不自然にまっすぐになるのは嫌って方、多いですよね。

 

 

 

前髪ストレートはうまい事やると、パーマをかけたみたいに、毛先を曲げることもできます。

 

ただ伸ばすだけではなく、扱いやすくする、似合わせることもポイント。

どこからカールをつけるか。どれぐらいつけるか。

 

 

 

こんな感じの前髪も

 

 

 

↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

前髪ストレートのみでこんな感じにできます。

 

 

 

毛先がシャキンとまっすぐにならず、内に入っています。

 

 

わかりやすくするとこんな感じ。

 

毛先がやわらかいのがわかると思います。

 

 

前回記事でストレートパーマ×デジタルパーマのことを書きましたが、毛先のワンカールぐらいならストレートパーマのみでつけれます。

 

 

今回は前髪の施術ですが、僕は全ての毛先にこの技術を使うので、勝手に内巻きになります。

ロングでもボブでも。短いショートでもメンズでもです。

 

ただアイロンでくるっと丸めればいいわけじゃなく、特殊なので難しいのですが、やるのとやらないのじゃ全然違います。

 

 

施術時間も一時間かからないぐらいなので、お気軽に。

 

前髪ストレートだけのご予約も大歓迎です。

 

 

 

ぜひ一度お試しください★

縮毛矯正のスペシャリスト 西口朝都
投稿を作成しました 130

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る