施術写真。(ストレートパーマとデジタルパーマの同時施術編)

Pocket
LINEで送る

東京、吉祥寺のUn ami kichijojiで美容師をしている西口朝都です。

縮毛矯正のスペシャリスト。

自己紹介はこちらから。

 

 

 

 

 

今回は実際の施術写真。

 

 

 

before

 

 

 

カウンセリングした結果、根元はストレート、毛先はパーマすることに。

 

 

とにかく楽がいいとのこと。

僕が載せているこのスタイルにしたいそうで。

 

 

このスタイル人気で、持ってきてくれる方が最近すごく多いです。

 

 

 

元々直毛の人は毛先にゆるめにパーマをかけてあげるだけでOKなんですが、

今回のbeforeはこんな感じに癖がありボリュームも出ます。

 

 

 

 

 

前髪はうねるのでやりづらそうですね。

 

これにそのままパーマをかけると、ボリュームがもっと出るので逆にやりづらくなります。(髪型にもよりますが)

 

 

なので今回は根元をストレートで癖とボリュームを抑え、毛先はパーマでニュアンスをつけていきます。

 

 

 

髪質はかなり硬く、カラーなどしていないバージン毛、15cmほど切ったので毛先も傷んでいません。

そして捻転毛と呼ばれる難しいタイプの癖。

 

実はこの履歴にやわらかいニュアンス程度のパーマはかなり難しいです。

が、薬と水分と熱を操れば可能です。

 

 

 

今回の仕上がりイメージは「とにかくやわらかく」

 

 

 

根元の部分はボリュームを抑えるために弾力を削りたいので、ある程度パワーのある薬を使います。(と言っても、いつも基本的に激弱です。)

熱で硬くしたくないので、水分を残しながらブローしてアイロンは必要最低限。

 

 

毛先はやわらかくしたいので超低音でデジタルパーマ。今回は40度8分。

弱火でじっくり。みたいなイメージ。

じっくり加減も髪の乾きやすさ(水分量)に合わせて。

完全に髪が乾かない時間と硬くならない温度設定がポイント。

 

 

 

after  (乾かした後の写真を撮り忘れました(泣))

 

 

 

根元のボリュームは収まり、前髪もきれいに流れました。

毛先もニュアンスがつく程度の動きが出ました。

 

デジタルパーマなので、癖をリセットしてゆるいパーマをかけています。

なので広がらないし、パサつかない。

 

デジタルパーマについては前回記事で詳しく書いています。

ストレートパーマとデジタルパーマって実は似てる??

 

 

 

時間はだいたい2時間半ほど。

大掛かりな施術ですがスピーディーな仕事を心掛けています。

 

 

 

ぜひご参考ください★

縮毛矯正のスペシャリスト 西口朝都
投稿を作成しました 130

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る