縮毛矯正専門店で働かないワケ。(いい話ですw)

Pocket
LINEで送る

東京、吉祥寺のUn ami kichijojiで美容師をしている西口朝都(アサト)です。

縮毛矯正のスペシャリスト。

自己紹介はこちら。

 

 

 

さて、よく言われる話。

 

「そんなに上手なら縮毛矯正の専門店で働けばいいのに~。」と。

 

 

いやいや違うんですよ。

 

何が違うって、その名の通り専門店なのでもちろんそれしかやっていません。

癖を伸ばすことに特化しています。差はあると思いますが、そりゃ上手いと思います。

癖が伸びてまっすぐになるのが正解。

 

でも僕は普通の美容室で働いています。縮毛矯正は髪を扱いやすくするための手段。

癖を伸ばすのが正解じゃなく、かわいくなるのが大正解。

その過程で扱いやすく髪質を変える です。

 

癖や髪質で悩んでいる方って、あんまり髪型を楽しめてないように思えます。

 

髪形決める最初の一言が

「癖を抑えたい」「まとまりやすくしたい」「広がりを抑えたい」

がほとんど。

 

だからいつも長めで重めの髪形。ショートなんて考えたこともない。

縮毛かけてるから明るめカラーとか、パーマは無理だよなぁ。

そんな方がほとんど。

 

そういう方に僕は聞きます。

「もし癖を気にしなくてよかったら本当はやってみたい髪型や髪色ってありますか?」

 

そしたら99%出てきます。

「ほんとは短くしてみたい。やったことない。」

「ハイトーンのカラーに憧れがある。」

「短めの前髪とかも挑戦してみたい。」

「軽めの髪型にしてみたい。」

 

 

→「じゃあやってみましょう!」

「え?できるんですか?」

 

もちろんです!!できないと思ってる人がほとんど。

癖に悩まされて、やりたい髪型を楽しめないのはもったいない!

 

 

・短くしても広がらない、不自然にならない

・ハイトーンカラーも同時に叶う

・パーマだってかけれます

 

そんな縮毛矯正と、それを活かすカット、カラー、パーマ。

 

 

 

 

だから専門店じゃないんです。

癖や髪質による悩みを解決するだけでなく、もっと根本的な

「ほんとは○○してみたい」

「こういう~~があったらいいな」

 

を叶えてあげたい。

それにはカットやカラーのデザイン的要素は必須です。

僕はそれプラス、縮毛矯正、ストレートパーマがめちゃくちゃ得意なだけです。

もちろんシャンプーなどのケアについても。

 

「ボブにしたい」

「透明感あるカラーにしたい」

「前髪をつくりたい」

 

ただそれだけなら、誰でもできます。

でもすごい癖があったら?髪質が難しかったら?ダメージがすごかったら?

 

それだけで誰にもできなくなります。

そんな人の気持ちに答えれるのはそういう美容師だけかなと。

 

僕は欲張りなので全部やりたいんですよね(笑)

 

根元ストレート×毛先パーマ、デザインカラー。

こんなこと専門店じゃできないと思います。

 

 

ありがたいことにたくさんのお客様に大好評いただいています。

 

 

ぜひお悩み相談してください。

LINEからでもどうぞ。

→@ejb8557d

 

 

 

ご予約はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正のスペシャリスト 西口朝都
投稿を作成しました 130

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る