海で髪が傷むワケ。防ぐ方法は??

Pocket
LINEで送る

東京、吉祥寺のUn ami kichijojiで美容師をしている西口朝都(アサト)です。

縮毛矯正のスペシャリスト。

自己紹介はこちら

 

 

 

 

最近涼しいと思いましたが、また暑くなるらしいですね。

そんな夏に、楽しいことといえば海。

 

 

 

楽しいですよね~。

僕も大好きです。

 

 

でも海ってめちゃくちゃ髪傷む気がしません??

 

ガシガシ。

 

 

でもそれはなぜでしょう。

防ぐことはできるの??

 

 

 

 

結論から言うとできません!(笑)

 

 

だって楽しみたいですよね海。

海入って髪を付けるななんて無理な話です。

 

 

ダメージの原因は

海水×紫外線×潮風です。

 

 

 

 

海水はアルカリ性です。

このブログでもよく出てくるアルカリ。

 

酸性⇔中性⇔アルカリ性ってあるんですが、pHという値で表されます。

pH0~14で表され、真ん中の7を中性、それ未満を酸性、それより上をアルカリ性といいます。

 

別に数字が高ければいいとか、低ければいいとかそういうわけではありません。

 

例に出すと、レモンがpH2.5、ビールがpH4.5 、酸性ですね。

水がだいたいpH7、中性。

パーマ剤pH8~9、カラー剤pH10~11、アルカリ性です。

 

 

じゃあ海水は??

pH8ちょっとです。

 

弱めのパーマ液ぐらい。

 

 

アルカリってそもそも、髪のキューティクルってのを開きます。

カラーやパーマが傷む一番の原因。

 

そんなものに一日中つかってると思えば、、、、

まぁダメージしますよね。

美容室でも10分15分程度なので。

もちろん色も抜けます。

 

実際は、アルカリ性ってだけなのでパーマ液ほどのダメージはしませんが、やっぱりダメージはします。

 

 

でもこれは正直防ぎようがないので、気にせず思いっきり遊んでください(笑)

 

 

 

大事なのはそのあとのケア。

みんな自然乾燥でそのまま帰りますよね。

 

美容室でも髪は乾かしてくださいねって言われますよね。

髪って濡れてるだけでキューティクルが開くんです。

 

そんな状態で放置すると摩擦で枝毛の原因になったり、いいことないです。

でもすぐにドライヤーで乾かせないことが多いと思うので、そのときはせめてオイルをつけてください。

それだけでもだいぶ摩擦はましになります。

 

そしてできれば、海水を落とすためにシャンプーしてください。

ずっとパーマ液につかったままなんて嫌ですよね?

pHを戻してくれるものならなお良いです。

 

 

 

 

そして紫外線。

 

このキューティクルが開いた状態の髪に真夏の紫外線はかなりキツイです。

ダメージしまくりです。

 

まあでも、帽子をかぶる、

海に入らないのであれば、髪の日焼け止めが今ではスプレータイプなどもあるのでそういったものを使うのも効果あります。

UVケアできるヘアオイルもあります。

 

 

 

 

結局何が言いたいかというと、遊びは思いっきり楽しんで、

 

 

 

そのあとはちゃんとケアしましょうねってことです。

 

 

 

 

海水につかって真夏の紫外線を浴びて、家でお風呂に入るまで自然乾燥で放置。

 

→パーマ液をつけてガンガン加温され、そのまま流さず何時間も放置。。。。

(言い過ぎですがそんなニュアンス)

 

 

こう聞くとこわいでしょ?(笑)

 

 

 

自分でできるケアもいろいろあるので、知っておくといいです。

その他のケアはプロにおまかせください。

 

カラーとかするなら、どうせ抜けるので後にすることをオススメします。

 

 

 

髪のことならなんでもご相談ください。

LINE→@ejb8557d

 

 

ご予約はこちらから。

 

縮毛矯正のスペシャリスト 西口朝都
投稿を作成しました 130

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る