施術写真。縮毛矯正の失敗でビビり毛になったお客様。なおせるの、、、?

Pocket
LINEで送る

東京、吉祥寺のUn ami kichijojiで美容師をしている西口朝都(アサト)です。

縮毛矯正のスペシャリスト。

自己紹介はこちら。

 

 

 

今回もお客様の施術写真です。

Instagramを見て来てくれたご新規のお客様。

ありがとうございました。

 

 

 

before

 

前髪のみの縮毛矯正の予定でご来店されましたが、全体も半年分ぐらい伸びており、何より毛先が全部ビビリ毛になっています。。。

ビビりはあってはならない縮毛矯正の失敗です。

写真だと見えづらいですが、表面には短い毛がたくさん。ちぎれてしまっています。

 

僕からの提案で、全体の縮毛矯正リタッチ+毛先のビビりなおしを。

本来なら切るべきところなんですが、あまりに範囲が広いのと、伸ばし中とのことで長さはキープ。

 

「そんなことできるんですか!?」とびっくりしてました。

できるんです。

 

 

 

が、ビビりなおしは誰でもできる施術ではありません。

傷んでる髪にさらに薬剤をつけて形を変え、きれいに誤魔化しているだけです。

見た目はきれいになりますが、髪の中身がきれいになったわけではありません。

 

デメリットは

・失敗するともっとひどいことになる(難易度めちゃ高い)
・傷んでる髪をさらにダメージさせる
・誰でもできるわけじゃない
・ずっと続くわけではない

 

メリットは

・見た目や手触りにはわからないぐらいきれいになる
・髪がまとまるようになる
・長さを切らなくてもよくなる
・傷みに強くなる

 

 

見た目や手触りが良くなることが一番実感としてあるでしょうが、傷みに強くなる」

これは大きなメリットです。

 

参考記事:縮毛矯正をかけると髪が強くなる!?

 

傷んでビビりになった髪は全てがむき出し状態。

ダメージし放題です。

 

でも無理矢理だとしても整えられた髪は、前者に比べるとダメージに強くなります。

ビビり毛を切らないという選択をしたからには、これ以上ダメージさせずに伸ばしていく必要があります。

それに関して、ダメージに強くなるというのは大きなメリットです。

 

 

after

 

見た目も手触りもだいぶよくなりました。

きれいに伸ばしていきましょう。

 

 

 

同じようなことでお悩みの方がいましたらご相談ください。

LINE→@ejb8557d

 

 

 

ご予約はこちら

 

 

 

 

縮毛矯正のスペシャリスト 西口朝都
投稿を作成しました 130

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る