縮毛矯正をかけると髪が強くなる!?

Pocket
LINEで送る

東京、吉祥寺のUn ami kichijojiで美容師をしている西口朝都(アサト)です。

縮毛矯正のスペシャリスト。

自己紹介はこちら。

 

 

 

今日は目から鱗のお話。

 

 

「縮毛矯正をかけると髪が強くなる!?」

 

 

どうゆうこっちゃそれですよね。

 

 

 

むしろ傷んで弱くなるんじゃないか、、、と思いますよね。

 

かけると髪がよみがえって強くなるわけではなく、傷みづらくなる。

ダメージに強くなるってニュアンスです。

 

 

 

どういうことかというと。

 

 

癖がある方に比べて、直毛の人は髪が傷みづらいです。

それは、髪の中身から表面まできれいに整っているから。

 

ダメージを受けるとしても全部に均一に受けます。

なので毛先から傷んできます。(普通のことです)

 

 

一方癖のある髪は、うねっているのでダメージを受けやすい部分、強い部分などバラバラです。

毛の太さが所々違ったり、水分のバランスが違うのが原因です。

直毛だと全部の窓が閉まっているのに対して、所々窓が開いてるイメージです。

だから場所によってダメージが違う。だからカラーの染まり方が違ってムラになったり、部分的にすごい傷んでたりするんです。

 

過去記事にも書きましたが、それの究極が連珠毛と呼ばれるタイプ。

細い部分でちぎれてしまうので、髪が伸びません。

 

参考記事:特殊な癖。連珠毛(れんじゅもう)。

 

 

ということは??

 

 

 

 

そう、直毛の人と同じ髪の中身に組み替えてあげれば、カラーやパーマもムラなくキレイになるし、何よりダメージに強くなります。

その唯一の方法がストレートパーマ、縮毛矯正です。(拍手w)

 

しかも一回かけるとずっとそのまま。

 

 

 

 

でもその一回がすごく傷みそう、、、、

そんなイメージまだまだ強いですよね。

 

 

 

ハッキリ言います。

ダメージを最小限に抑えることにはとことんこだわってますが、薬剤をつける以上やっぱり傷みます。

 

でも、そんなに大したダメージでもないのもほんと。

これも過去に書いた記事ですが、毎日アイロンするぐらいならかけたほうが100%良いです。

ダメージの観点から見ても、扱いやすさ、デザインの幅。どこから見ても良いです。

参考記事:「毎日のアイロン VS ストレートパーマ」どっちが傷まない??

 

カラーしてる方ならなおさら。

参考記事:縮毛矯正しててもカラーは諦めなくてもいい。むしろしたほうがいい??

 

傷むはずなんですが、本人はもちろん、僕ですら見た目や手触りではわかりません。

だってめちゃくちゃきれいになるから。薬剤つけてるからちょっとはダメージそりゃするよなーてぐらいです。

昔のシャキンシャキンの縮毛矯正は傷みますよ。髪の中身はボロボロです。

 

 

 

そして一回かけてしまえば、ダメージに強い髪に変わります。

カラーやパーマの薬剤、ドライヤーやアイロンの熱、ブラッシングなどの摩擦、紫外線、全てにおいてです。

 

癖がある人って傷んでるように見えますよね。

まっすぐじゃない分そう見えるのは仕方ないんですが、実際傷んでいます。

 

 

 

毎日のアイロンよりストレートパーマ、縮毛矯正。

カラーしてるならなおさら。

そしてダメージに強い髪に変わる。

 

 

こんないいことないでしょ?(笑)

 

 

 

 

 

髪がまっすぐになりすぎる、硬くなる、ボリュームがなくなる。

そんなことは一切起こりません。

髪質が変わるストレート。100%全員の髪質には対応できませんが、99%ぐらいできます。

安心してご相談ください。(1%は黒人さんみたいな癖の人です。。。もはや伸ばさないほうがいい)

 

 

 

 

ご相談だけでもどうぞ。

LINE→@ejb8557d

 

 

 

 

ご予約はこちら

 

 

縮毛矯正のスペシャリスト 西口朝都
投稿を作成しました 130

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る