施術写真。2cmの複雑な履歴の前髪ストレート。

Pocket
LINEで送る

東京、吉祥寺のUn ami kichijojiで美容師をしている西口朝都(アサト)です。

縮毛矯正のスペシャリスト。

自己紹介はこちら。

 

 

 

 

大好評の施術写真シリーズ。

 

 

 

今回はUn ami kichijojiのスタッフの奥ちゃんです。

 

小さい頃からずっと縮毛矯正をかけ続けているそうです。

 

 

今回僕が施術させてもらうのは初めて。

 

 

 

beforeです。

 

 

濡れている状態なので少しわかりづらいかもしれませんが、、、

 

履歴は約2ヶ月前。

 

実は結構難しいんです。

その理由は

 

・髪質は硬くしっかりしている (薬のパワーが必要)

・でも毛は細い (薬が浸透すれば反応は早いからあんまり置きたくない)

・癖は強い (しっかり時間はおきたい。上との矛盾)

・毛先は過度のアルカリと熱処理によるハイダメージ (毛先に強い薬を伸ばしたくない)

・縮毛矯正は二ヶ月前、カラーは一ヶ月前 (根元1cmは髪が強い、1~2cm部分はダメージあり、その先はハイダメージ)

 

 

時間をおくことは必須だけど、毛が細いから怖い、、薬が強すぎると細い毛は過剰に反応してしまう、ましてや伸ばしてしまえばチリチリです。。。

でも薬が弱ければ強い癖は伸びません。

そして2cmの施術の中で、根元1cmは特に強い薬が必要、その先もそこそこ、その先は一切伸ばしたくない。

 

そんな複雑な状況です(笑)

 

 

 

 

 

after

きれいになりましたね。

自然なやわらかさ。

 

 

 

人によって施術方法は全く変えているのですが、今回は

 

プレアイロン法

→薬剤パワーと放置時間を抑えるため。

ドライの方が毛先に伸ばすリスクが減るため。

 

1液塗布

→全ての結合を切ります。効率よく。

薬剤の性質による反応する時間、アルカリをコントロールして優しい薬を2度塗り。4種類のブレンド。

根元1cmはその後に少し強い薬を重ねます。1cm単位でももちろん丁寧に塗り分けます。

 

ブロー、アイロン

→今回は8割ドライでアイロン。

超さらっとです。

本人も引っ張られてる気がしないって言ってました。

引っ張ることなんてまずありません。

 

 

て感じで今回は施術しました。

10中、薬剤6 : 物理的パワー(ブロー)8 : 熱6 ぐらいの感じで。

 

ちなみに前回までの履歴は、

薬剤9 : 物理的パワー10 : 熱10 ってとこです。

 

数字は感覚なんで伝わりづらいと思いますが、前回があまりにも硬くシャキンとしてたのでナチュラルだけど馴染むようにこの施術です。

 

次回からはもっとナチュラルにできるので、この髪質なら理想は

薬剤7 : 物理的パワー9 : 熱2 ってとこですかね。

伝わりづらくてすみません(笑)

 

でもこれがこの髪質に対しての僕なりのベストです。

髪がやわらかく自然にまっすぐになる。

 

 

ぜひお試しください。

前髪だけのストレートパーマ、縮毛矯正のご予約ももちろん受け付けてます。

 

ご予約はこちらから。

 

 

 

ご相談だけでもお気軽にどうぞ。

@→ejb8557d

 

 

 

縮毛矯正のスペシャリスト 西口朝都
投稿を作成しました 130

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る