施術写真。前回の履歴にも馴染ませる。

Pocket
LINEで送る

東京、吉祥寺のUn ami kichijojiで美容師をしている、西口朝都(アサト)です。

縮毛矯正のスペシャリスト。

自己紹介はこちらから。

 

 

 

 

今回もお客様 before & after

 

 

ご新規のお客様。

ブログに載せさせていただきます。ありがとうございました★

 

 

 

さわり心地、、、こだわりなので嬉しいです。

 

 

 

 

 

僕のスタイルを持って、カットとパーマでご予約いただきました。

 

 

 

 

これ、ほんとに人気です。

 

 

 

髪の状態を見させていただいたところ、半年ほど前に縮毛矯正をかけていました。

それもかなり強く、毛先はタンパク変性を起こしており、かなりシャキンとなっている状態。

 

 

 

 

この状態にパーマは正直かなり厳しいと判断。

パーマは初めてで楽しみにしておられたのですが、しっかりお伝えしました。

 

今回は根元の縮毛矯正をかけ、毛先はアイロンで巻くことを提案。

そのほうが確実にきれいにできます。

 

 

癖はかなり強く10中7、捻転毛(ねんてんもう)と呼ばれるタイプ。

くせの種類は過去記事で詳しく書いてます。

くせの原因、種類。

 

 

カラーもしていないバージン毛(何もしていない健康な毛)で、髪質は固め。

 

 

強い薬で思いっきりアイロンしたくなりますよね。

すればもちろん伸びます。誰でも簡単に。

 

でも前回までのようにシャキーンとなります。

 

 

今回半年分をかけるので、その部分が毛先に来るまで縮毛矯正を僕に担当させてくださいと伝えました。

そうすれば、シャキンとならない自然なストレートの髪が毛先にくるので、自然に内にも入るし、パーマも余裕でかけれるようになります。

 

 

なので今回は根元を、次回かその次ぐらいで全部の髪が変わるので、今までと違うストレートになります。

 

 

施術内容は、強い薬は一切使わず、加温もせず時間と薬剤でコントロール。

三種類の薬を時間差で分けて重ねました。(伸ばせないのでかなりテクニックがいります)

 

この時点で8割完成。

ブローをさらっとして、アイロンなしでここで終わりで全然よかったのですが(僕の中ではこの髪質に対してベストな施術)

 

前回の履歴があまりにもシャキンとなっているので、ナチュラルすぎて馴染まない、、、(ナチュラルなのは素晴らしいことですが)

 

なので、毛先と馴染ませるという理由でかるーくアイロンを。

熱の影響受けない程度に指先でコントロール。

 

 

僕の中では完璧だとしても、お客様から見て馴染んでないと意味ないですからね。

 

 

after

 

 

 

我ながら素晴らしい仕上がり。

毛先は施術していません。

きれいに馴染んでますね。

 

 

 

「今までと全然違う」と嬉しいお言葉。

喜んでいただいてよかったです。

 

また4ヵ月後ぐらいですかね。年末あたりにお待ちしています。

 

 

 

 

ぜひ、大切な髪の毛僕におまかせください。

必ず素敵にします。

 

 

 

ご相談だけでもこちらへどうぞ。

→@ejb8557d

 

 

 

ご予約はこちらから。

 

 

 

縮毛矯正のスペシャリスト 西口朝都
投稿を作成しました 130

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る