縮毛矯正で一番大事なのアイロンじゃなくて薬剤??

Pocket
LINEで送る

東京、吉祥寺のUn ami kichijojiで美容師をしている西口朝都(アサト)です。

縮毛矯正のスペシャリスト。

自己紹介はこちら

 

 

 

 

 

さてさて過去にこんな記事を書きました。

縮毛矯正はアイロンで伸ばすわけじゃない??

 

 

そう、ストレートパーマ、縮毛矯正はアイロンで伸ばしてるとみんな思っています。

が、違いますよと。

 

 

 

じゃあ一番大事なのはなんなのか??

 

 

 

ズバリ薬剤選定です。これだけは間違いない。

 

もちろん、アイロンもブローも全部大事です。

アイロンなんて特にテクニックが必要なので、人によって全然仕上がりが変わります。

全部完璧にそろって初めてきれいにいきます。

 

 

 

でもその中でも薬剤選定、毛髪診断。

 

 

毛の状態、履歴を的確に診断し、それにベストな薬剤をチョイスできるか。

 

ちなみに僕はそんな毛髪診断や、薬剤知識において一応資格を持っています。

所持しているのは、全国の美容師の0.2%以下らしいです。

 

 

 

 

さてそんな薬剤。

実はものすごい種類があります。

もちろん色んな人に対応するため。

 

「癖が強い人はこれ、弱い人はこれ。」なんて単純な話じゃないんです。

 

過去に書いた、サロンのカラーとホームカラーの記事。

市販のカラー VS 美容室でのカラー

 

ホームカラーは誰でも簡単に染めれるように、薬がめちゃくちゃ強くて濃い。

 

サロンのカラーはとっても繊細で難しい。

それら全てを技術でカバーしているから、きれいだしダメージも少なく、持ちもいいんです。

素人が扱っても絶対きれいには染まりません。

 

話が逸れましたが、縮毛矯正はもっと繊細。

そんな万能な薬もなく、カラーよりもっと複雑で危険。

癖が強いからって強い薬を塗れば溶けてしまうこともあります。

 

 

そしてそんな難しい薬剤が縮毛矯正において一番大事なんです。

だからみんなできないんですきっと。

 

 

 

薬には種類があります。

 

・Aという結合を切るのが得意な薬
・Bという結合を切るのが得意な薬
・Cという、、、
・etc…

いくつかあります。

 

そして強さ(ここでの強さはアルカリで)

・強い薬
・弱い薬
・真ん中ぐらいの薬
・アルカリの入ってない薬
・酸性の薬
・etc…..

 

それにpH、還元値などの数値も関係します。(難しいので割愛します。)

複雑でしょ?(笑)

 

例としてカラーだと、明るさ(薬のパワー)と色の種類ぐらいです。

 

 

 

だいたい一般的なのは、こんな複雑な薬だけど一種類を使って対応するパターン。

ほとんどみんなそうです。

 

僕の基本は4種ミックスです。(それ以上もあります。)

あとは違う種類の薬を重ね塗り。

うちに置いてる薬だけでも何千、何万通り以上あります。

 

最小限の仕事で最大限の成果を得るってやつです。

そうすることで、アルカリを最小限に抑えるのでダメージレス。

全ての結合を切るので、ストレスなく癖が伸びます。

だからやわらかく自然になる。

 

これが僕のこだわり。

簡単そうに聞こえますが、絶対他の人にはまねできません。

 

 

 

 

ぜひ一度体感しにきてください。

 

 

ご相談だけでもお気軽にどうぞ。

LINE→@ejb8557d

 

 

 

ご予約はこちらから。

 

 

 

縮毛矯正のスペシャリスト 西口朝都
投稿を作成しました 130

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る