「毎日のアイロン VS ストレートパーマ」 どっちが傷まない??

Pocket
LINEで送る

東京、吉祥寺のUn ami kichijojiで美容師をしている、西口朝都(アサト)です。

縮毛矯正のスペシャリスト。

自己紹介はこちら

 

 

 

 

今回はお客様によく聞かれる質問について。

 

 

 

 

「毎日癖を伸ばすためにアイロン使ってるんですが、時間もかかるし面倒で、、、でもストレートパーマかけたら傷みますよね??」

 

「毎日アイロンするのと、ストレートパーマかけるの、どっちが傷みますか??」

 

今まで100回以上聞かれたことがあります(笑)

 

 

 

そのたびに100回以上答えてきました。

 

 

 

結論から言います。

 

ストレートパーマの方が長い目で見れば傷みません。

200%言い切ります。

 

 

かけた直後は髪の形を変えているので、どんなに優しくても髪に負担はかかっています。

ですが、毎日180度、200度の高温のアイロンに触れているより遥かにましです。

 

 

 

 

髪の毛のダメージする原因。

 

 

 

 

ケミカルダメージという薬剤によるダメージ。

カラーやパーマなど。デザインを楽しむためには多少は仕方ないです。

そこは最低限のダメージで抑えさせていただきます。プロに任せてください。

 

あとは摩擦やブラッシングなどの物理的ダメージ。

紫外線によるダメージ。

 

そして熱。

ドライヤーやアイロンが一番大きな原因です。

 

 

今の時代の人たちのダメージの原因の多くはカラーとアイロンです。

 

 

毎日のアイロンの熱は髪を硬くする!?

 

過去に何度か書きましたが、熱は髪を硬くします。

熱変性っていって、タンパク質の形を変えてしまいます。もちろん毎日のアイロンも同じです。

 

その毎日のアイロンをやめるためにストレートパーマをかけてしまった方が確実に良いです。

 

一回で形を綺麗に整えるので、毎日蓄積されるダメージより遥かに良いです。

その一回のダメージも最小限に抑えることが大事ですが、担当美容師さんにご相談ください。

 

傷まないとは言いませんが、結果的に髪は綺麗になり、傷みづらくなるので良いことづくしです。

髪が長い方は特に。

 

 

 

 

 

毎日巻く方必見。アイロンの適切な温度設定。

 

 

余談ですが、アイロンの温度についてもよく聞かれます。

過去に一度、軽く触れたのですが改めてもう一度。

 

「アイロンは何度でやるのがいいんですか??」と。

髪質によるので何度とは答えれませんが、

 

よく勘違いしている人が多いのが、「傷みそうだから低めで」

という方。いっぱいいると思います。

 

僕はそれなら高めの温度をおすすめします。

 

と言っても、ただ単に高めの温度でやるともちろん傷みます。

 

 

どういうことかというと、

 

低めの温度だと、

中々すぐには形がつかないので、「何度もやる、長時間やる」ことになります。

 

それなら、高めの温度で、

一瞬で形がつくので、「一回で、出来るだけ短時間で」の方が髪に負担は少ないです。

 

 

例として、

 

毛先ワンカールを巻くのに、140度で10秒かけて巻いてる方は、

今日から180度で2秒で巻いてみてください。

 

きれいに形が付くし、ダメージも少ないので、いいことづくしです。

 

 

140度だって髪には高温なので、とにかく時間を短くすることが大事。

 

 

髪質によるので、絶対何度とは言い切れませんが、2,3秒で形がつく温度がオススメです。

 

髪質が硬くて太い人ほど高めで、細くて柔らかい人はそこまで高すぎず。

 

 

自分のお客様には髪質や髪型に合わせて毎回、スタイリング方法、ケア方法はもちろん、アイロンの温度設定などまで細かく伝えています。

 

いくら美容室できれいになっても、キープするのはご自宅でのケアやスタイリングですからね★

 

 

 

次回ご来店したときに、「髪傷みましたね〜」って言うより、

 

 

「髪きれいですね」

「まだ色持ってますね」

「スタイリング上手にできてますよ」

 

って言えるようなのが理想じゃないでしょうか。

 

 

 

ベストな方法を毎回ご提案させていただきます。

お気軽にご相談ください。

相談専用LINE→@ejb8557d

 

 

ご予約はこちらから。

縮毛矯正のスペシャリスト 西口朝都
投稿を作成しました 130

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る