縮毛矯正の目的は? まっすぐにする× 髪質を変える◎

Pocket
LINEで送る

東京、吉祥寺のUn ami kichijojiで美容師をしている、西口朝都(アサト)です。

縮毛矯正のスペシャリスト。

自己紹介はこちらから。

 

 

 

 

最近ブログを見てのご来店がまた増えてきて嬉しいです。

 

 

 

 

これだけストレートパーマ、縮毛矯正の記事ばっかり書いてますが、カットもカラーも得意なので大歓迎ですよ!(笑)

 

 

もちろん知識があるので、

カラーでもダメージレス、色持ち、透明感全部ほしいなんてワガママも叶えれます。

余裕です。

 

 

縮毛矯正はマニアックで難しく、あまりできる人がいないので極めているだけです。

 

 

 

 

さて、今回はそんな縮毛矯正の、好きなところ。

これだけ聞くと、ただの変態ですが(笑)

 

 

 

どういうことかというと、

 

 

 

一般的にみなさんが思っている

「ストレートパーマ、縮毛矯正」と、

 

僕がいつも言ってる、施術してる、

「ストレートパーマ、縮毛矯正」は

 

 

工程は同じかもしれませんが、やってることの意味と目的が違います。

 

 

 

過去記事にも書きましたが、

「縮毛矯正」って漢字が悪いですよきっと。

 

縮毛矯正もデザインの一つ。技術の選択。

 

 

改めて見ると、メチャいい記事なんでぜひ見てください(笑)

 

 

 

 

 

ちょっと脱線しましたが、

 

 

 

一般的な「縮毛矯正」のイメージは

・癖を伸ばす
・まっすぐにする
・ボリュームがなくなる

 

そんなイメージだと思います。

 

 

対して、僕の「縮毛矯正」のイメージというより目的は

・髪質を変える

 

ただその一点のみです。

 

 

 

 

どういうことかって?

 

 

 

一般的なイメージの癖を伸ばす、まっすぐにする。

それは、美容師側も思っています。

ストレートパーマ、縮毛矯正はまっすぐにするものだと。

 

 

 

では僕は?

来店したお客様の悩みを聞き、髪を判断し、デザインする。

 

 

例えば、

 

・「癖で広がってまとまらない」って方に対して、

 

→「じゃあまっすぐに伸ばそう」ではなく ×

 

「まとまりやすい髪質に変えよう」です ◎

 

 

 

 

・「髪が太くて硬くて多い。膨らんでボリュームが出てしまう。」 そんな方には、

 

→「じゃあボリューム落としましょう」 ではなく ×

 

「やわらかい髪に変えよう。ボリュームをデザインしよう。」 です ◎

 

 

 

・「元々髪がやわらかくてボリュームが出ないけど癖は抑えたい」って方には、

 

→「癖は伸ばしましょう。ボリュームの出る乾かし方を教えます。」 それもアリですが △

 

「癖は伸ばして髪にハリコシを出そう。髪質を強くしよう。」そんなこともできます ◎

 

 

 

 

 

あくまで一例ですが、他にも色々あります。

 

やってることは同じのように見えますが、目的が違うので

仕上がりは全然変わってきます。

 

 

癖を伸ばすだけなら、強い薬つけて高温でアイロンかけとけば、誰でも伸ばせます。

めちゃくちゃ簡単に。

 

 

 

縮毛矯正は漢字のイメージで

癖を伸ばす、髪をまっすぐにするものと思われがちですが、

 

 

髪質を変えれる素敵な技術です。

トリートメントとは違う、根本的に変えれます。

 

 

髪をやわらかくする。

ボリュームをコントロールする。

癖をデザインする。

 

 

 

もう一度過去記事載せときます。

いい記事ですよ。(笑)

 

縮毛矯正もデザインの一つ。技術の選択。

 

 

 

 

ぜひ、癖を伸ばすだけではなく、

 

 

 

自分の髪を好きになれる、かわいくなれる、きれいになる

 

そんな縮毛矯正お試しください★

 

 

 

 

 

 

 

「私の髪はどうしたらいいの?」

 

そんな方はご相談だけでもどうぞ。

専用LINEまで。

→@ejb8557d

 

 

 

ご予約はこちらから。

 

 

 

縮毛矯正のスペシャリスト 西口朝都
投稿を作成しました 130

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る