癖を活かすときの大事な考え方2つ。

Pocket
LINEで送る

東京、吉祥寺のUn ami kichijojiで美容師をしています、西口朝都(アサト)です。
縮毛矯正のスペシャリスト。
自己紹介はこちら。 

 

 

今回はのテーマは「くせ毛を活かす」

 

 

このブログはくせ毛にお悩みの方向けに書いているので、
「ストレートパーマ、縮毛矯正」は経験したことのある方が多いと思います。

 

癖を収めたいなら、それが間違いなくベストな選択です。

 

でも中には、

・いつかはストレートをやめたい、、、
・できれば地毛で過ごしたい
・そんなに癖は嫌いじゃないけど扱いづらい
・本当は短くしてみたい

 

そんな方も多いと思います。
僕もそういうお客様は多く、くせ毛を素敵に活かした方がたくさんいます。

 

そして今回お伝えしたいのは、くせ毛の活かし方ではなく、

 

くせ毛を収める → くせ毛を活かす

にシフトしていくときの、大事なことを2つ。

 

 

 

癖をちょうどいいところに持ってくる。

当たり前のことを言いますが、
癖を活かすカットをするので、
めちゃくちゃ癖は出ます。

 

今までは縮毛矯正や、アイロンを使う、髪を長め重めにするなどして、
癖を「収める、抑える」方向に持っていっていました。そしてそれを正解としていました。

 

ただ、「活かす」ときの正解は反対に癖を出して、
「ちょうどいいバランスのところにボリュームが出るようにする」です。

もう少し詳しく解説します。

 

 

髪は軽くすれば動きます。
なので量を減らしたり、段差をつけたりすると動きます。

 

そうやって、ボリュームを出しても可愛いところ、抑えたほうがいいところを見極めてカットします。
癖を抑えることを考えずに、適当に乾かしても可愛いバランスで動いてくれればいいですよね。
そんな考え方で、癖を動かします。

 

言葉だけだと伝えづらいので、写真でイメージを。

 

全体的にボリュームを抑えながら、毛先は外にはねるバランスにカット。
ボブの形なんですが、トップの毛は短いので、バランスよく広がってくれます。

どう動いても可愛いです。

 

かなりうねりの強い髪だったので、ショートにしました。
beforeは段差がついていない(上と下の髪の長さの差がない)ので、全ての毛が長く、その分のうねりで横に広がります。

afterは少しずつ段差をつけつつ、下の方は上の髪に押されて収まるように。
上は癖でうねってちょうどいい位置に。
この部分がもう少し長かったら、横に広がりすぎて、大変なんですが、こういう見極めが大事。

 

メンズのお客様も多いのですが、長さがあるとbeforeのように広がるので、下と横は刈り上げてスッキリ。
横に広がって見えないように上を短くして、高さが出るようにカット。
癖の分、広がってはいるのですがそうは見えないですよね。

 

 

癖を活かした髪型を好きになれるか。

これ、結構大事なんです。

 

「癖を活かす」こと自体は、完全に美容師さんの腕次第で、こっち側に全ての責任があります。
ただ、それを「受け入れれて、好きになれるか」は完全に本人次第なんですね。

 

確かにめちゃくちゃ楽になるんですが、「やっぱりストレートな髪に憧れがある。」
そういう方も少なくないと思います。

なので、「自分がそれを好きになれるか」がめちゃくちゃ大事。

 

ただやってみないとわからない部分もあるので、一度チャレンジしてみるのもありですね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

癖を活かすときの大事な考え方2つ。

 

・癖をちょうどいいところに持ってくる。
・癖を活かした髪型を好きになれるか。

 

この考え方にシフトしていけると、活かすことは可能ですよ☆

 

 

ご相談だけでもお気軽にこちらの専用LINEからどうぞ。

 

ご予約はこちら。

 

縮毛矯正のスペシャリスト 西口朝都
投稿を作成しました 160

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る