必見!くせ毛対策パターン。

Pocket
LINEで送る

東京、吉祥寺のUn ami kichijojiで美容師をしている西口朝都(アサト)です。

縮毛矯正のスペシャリスト。

自己紹介はこちら。     

 

 

今回はくせ毛さん必見。

くせ毛さんのお悩み。「いつも同じ髪型になってしまう、、、」  

 

そこでくせ毛対策パターンをご紹介します。

 

 

癖をまっすぐにする。

 

縮毛矯正をかける。

真っ先に思いつくのがこれですね。
直毛の人には馴染みがないですが、くせ毛さんは経験ある方が多いはず。

 

誰でも一度はまっすぐでサラサラな髪に憧れますよね。 それを簡単に叶えてくれるのがこの縮毛矯正です。
まだまだまっすぐシャキンとなる、硬くなるイメージが強い縮毛矯正ですが、正直美容師次第です。 やわらかく自然に仕上げることは全然可能です。
基本的にこの”縮毛矯正”をかければ、できない髪型はありません。

 

 

ただ長さが長ければ期間は空けれますが、短くすればするほど、根元が伸びた時に気になるのが早いので、期間は短くなります。
上手な美容師さんを見つけたら、縮毛矯正をかけながら色んな髪型を楽しむのもアリですね。

 

ストレートアイロンでまっすぐにする。

これは縮毛矯正をかけるほどでもないけど、パサつきやうねりが気になるって人向けですね。

ただ、毎日アイロンをしているって方は、縮毛矯正をかけることをオススメします。
手間やダメージから見ても縮毛矯正の方がオススメです。

参考記事:「毎日のアイロン VS ストレートパーマ」どっちが傷まない??

 

ストレートアイロンだと一時的なので、湿気や汗で戻りますしね。

 

くせ毛を活かす。

カットだけで活かす。

 

これはできるタイプの癖かそうでないかは美容師さんに相談してください。

波状毛と呼ばれる、濡らした時に癖が出るタイプだとやりやすいです。
あとは美容師さんのカット次第ですね。

ちなみに、くせ毛さんは髪が長い方が多いと思いますが、それは長さと重さで癖を落ち着けるためですよね。

癖を活かす場合は逆で、短めで軽い髪型の方が相性がいいです。
ハマれば、メンテナンスはカットだけで済むのも嬉しいポイントですね。

 

 

ボブ〜ショートがオススメ。

 

パーマをかける。

 

これは、くせ毛の上からパーマをかけるということ。
カットとパーマで欲しい位置にボリュームを、そうでないところは抑えて。というコントロールができるので扱いやすくなります。

ちなみにくせ毛の人がパーマをかけると、めちゃくちゃ持ちます

カットだけで元々の癖を活かすのに対して、パーマで動きをコントロールしてしまうので、お手入れは簡単ですね。

どんなレングスでも対応可能です。

 

 

 

 

縮毛矯正はかけたくないけど癖は抑えたい。

 

これ、結構あるあるだと思うんです。
くせ毛は活かせると言ってもやっぱりまっすぐに憧れます。

でも縮毛矯正はまだまだマイナスイメージがあるから手を出したくない。
そんな方は、自分に合った方法をマスターするしかありません。

 

ドライヤーのかけ方。

くせ毛に限らず、髪は”乾くときに形が決まる”ものです。
濡れているときはいくらでも形を変えれる。

なので乾かし方が大事。

 

1、まずは根本の生え癖を直すため、色んな方向から風を当てて乾かす。(右から分けるから右からではなく、左右両方色んな方向からがポイント。)そうすると髪が綺麗に収まってくれます。
毛先がはねるなどの原因は、この根本の生え癖が原因。毛先のことなのに原因は根本なんですね。

2、ある程度乾いてきたら、上から下に向かって風を当てる。髪の生えている方向にキューティクルはあるので、こうすることで整います。
この方向だけ意識するだけでツヤやまとまりが全然違います。

3、ほぼ乾いたら最後は同じ上から下の方向で”冷風”を当てる。
ドライヤーには必ず「冷風」に切り替えるボタンが付いています。皆さんは使っていますか?
髪のもう一つの特徴。”冷めるときに形が決まる
ヘアアイロンなどがわかりやすい例です。

ドライヤーでやるときはキューティクルを整える意味があります。形が固定されるので、手触りやまとまりが変わるのがわかると思います。

 

 ストレートアイロンは最小限。

ストレートアイロンは使うと思いますが、できるだけドライヤーで頑張ることをオススメします。
その方が髪への負担も少なく、持ちも良いです。

アイロンを使う場合は、「高めの温度で短い時間」がポイントです。「痛むから低めの温度で」は逆効果です。

 

スタイリング剤にこだわる。

これが一番大事かもしれませんね。

”癖を活かす”という選択をする方にも同じことが言えます。

 

くせ毛の人に絶対的に足りないのは、”ツヤ” です。
髪がまっすぐでないので、どうしても乾燥し、パサつきます。

 

パサつきを抑え、まとまりをよくしてくれるスタイリング剤を。
シアバター、ミルク、クリーム、オイルなど色々ありますが、くせと言っても色々あるので一概には言えません。実際に見て判断してもらうのが一番かと思います。

 

ただ、シアバターは結構優秀で、割とどんな髪質や癖にも対応できるので持っておいて損はないと思いますよ

 

 

オススメを一つだけ。mm(ミリ) バター
色々シアバターを使ってきましたが、ちょうどいい伸びと、保湿力でとっても使いやすいです。

ただ、ネットや薬局では販売していないみたいなので、完全にサロン専売品になります。

 

 

くせ毛は色んな種類があるので、今ここでこれがいいです!とは中々言えません。
自分に合うものを美容師さんに提案してもらってください。

くせ毛のことは詳しくなくても、美容師は感覚的にスタイリング剤を選んでいます。
毎日使ってるので、その感覚はとても優れていますので、いいものを勧めてくれると思いますよ。

 

 

 

まとめ

自分の髪と付き合っていけるいい方法をぜひ見つけてください。
せっかくだから全部楽しんでみることをオススメします。

自分のなりたいイメージはもちろんですが、客観的に見た”似合う”も大事。

ぜひ、色々楽しんでみてください。

 

 

ご相談専用LINEを設けていますので、気になることがあればこちらからどうぞ。
→@ejb8557d

 

ご予約はこちら

 

縮毛矯正のスペシャリスト 西口朝都
投稿を作成しました 130

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る