そのクセ、ストレートパーマも縮毛矯正も必要ないかも?

Pocket
LINEで送る

東京、吉祥寺のUn ami kichijojiで美容師をしている西口朝都です。

縮毛矯正のスペシャリスト。

自己紹介はこちら

 

 

 

 

前回、くせの種類のお話をしました。

 

前回記事。

くせ毛の原因、種類。

 

 

そして今回紹介するのは本人はくせ毛だと感じていますが、ストレート、縮毛矯正は必要ありません。

というより、かける意味がありません。

 

なぜなら原因が前回お話した、毛根の形でも、毛の捻れでもないから。

 

 

僕たち美容師は髪は変えれます。

カットで髪型、カラーで髪色、パーマ、ストレートで毛の動き方は変えれます。

でも僕たちでも唯一変えれないのが、髪の生え方(毛の生えてる向き)、毛根の向きまでは変えれないんです。

 

 

そしてそれがくせの原因。その名の通り生え癖と言います。

 

極端に前向きに生えていたり、寝て生えていたり、分かれやすかったり。

そうすると毛先がはねたり、膨らんだり、うねったりします。

 

 

そしてこれを改善するのはストレートパーマでも縮毛矯正でもありません。

かけると一時的にまとまりますが、髪に強烈なストレスを与えています。

 

 

もっと簡単な方法で解決できます。

 

 

 

 

それは、乾かし方

 

ブローもアイロンも必要ありません。大事なのは乾かす方向。

 

 

ほんとにこれだけで大丈夫です。

簡単にまとまります。

 

みんな生え方は違うので、一概にこう乾かすといいというのはここでは言えませんが、僕のお客様にもたくさんいます。

乾かし方だけお伝えしてストレートをやめた方が。

 

 

でもそれを理解していない人は美容師にも多いです。

 

髪型が変わっても、生え方は変わりません。

髪質が変わっても、生え方は変わりません。

 

これから一生付き合っていくので、「私の髪はこうすればいいんだ」と
自分で理解することはとても大事です。

 

大事なのは、それを伝えてくれる美容師に出会うこと。

 

 

 

自分ではなかなか分からないと思いますので、実際に来ていただければ、全てお伝えします。

 

乾かし方はもちろん、ストレートが必要かどうか、髪のこと。

 

 

合わせてこちらもご覧ください。

ストレートパーマ、縮毛矯正の失敗の原因。

 

 

 

何千人何万人って髪を触ってきたからわかります。

必ず納得していただけると思います。

 

 

 

 

 

 

自分の髪を好きになれますよ★

縮毛矯正のスペシャリスト 西口朝都
投稿を作成しました 130

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る