縮毛矯正の失敗しない頼み方がある!?

Pocket
LINEで送る

東京、吉祥寺のUn ami kichijojiで美容師をしている西口朝都(アサト)です。

縮毛矯正のスペシャリスト。

自己紹介はこちら。

 

 

 

はい今回は。縮毛矯正を失敗しないためのお願いの仕方。

 

 

お電話のご予約時や、カウンセリング時に言われることがあります。

「ストレートパーマか縮毛矯正か迷ってて、、、」

 

このことについては過去に何回か書きましたので過去記事を漁ってくださいw

今ほとんどの美容室で施術しているのは「縮毛矯正」です。

ストレートパーマと言いながらも縮毛矯正です。アイロン使うやつです。

 

このお客様の言葉の意味合いとしては、

「癖はそんなに伸びないけど柔らかく自然になるほう(ストレートパーマ)か、癖はしっかり伸びるけど硬く不自然になるかもしれないほう(縮毛矯正)のどちらか迷ってる。。。」

(できるのならば癖はしっかり伸ばしてやわらかく自然に仕上げてほしいんですけどそんなこと可能ですか?)ですよねみなさんw

違ったらアヤマリマス

 

僕はもちろんできます。可能です。

 

 

でもほとんどの美容師さんはこう言うと思います。「頑張ります!」ってw

 

でもどこを頑張ればいいかわかんないんですよね。

アイロンの温度を低くする?薬の放置時間を短くする?

 

理解せずにそんなことしたら痛むし、癖は伸びないし、硬くなります。

頑張られても困りますよね、、、w

 

 

 

そんな方のための、失敗(修正できない失敗)しないオーダーの仕方!

 

「癖はしっかり伸ばしたいんですけど、硬くなるぐらいなら多少伸びてなくてもいいです。」

これですね!!w

 

癖はもちろん伸ばしたい。でも不自然になるようならそこまでは求めません。とお客様から伝える。

そうすれば、美容師の考えが

癖を伸ばす>硬くしない  から、  癖を伸ばす<硬くしない  に変わります。

 

【硬くなってても癖が伸びてれば成功。クレームはない。】という思考から、

【とにかく硬くしてはいけない。癖は伸びてなくてもいいと言われたから無理はしない。】という思考に変わります。

 

でもあくまで「縮毛矯正」なので、美容師側はもちろん癖は伸ばそうとすると思います。

じゃないと施術する意味がないですからね。

 

 

何を失敗とするかにもよりますが、

 

【癖が伸びてない】は修正可能な失敗です。

適切な薬剤と工程でもう一度行えばいいんです。(もちろん2回施術するのでダメージは多少あります。)

【髪が硬くなる、シャキンとまっすぐになる】は修正不可な失敗です。

過去にも何回か書きましたが、タンパク質の形が変わっちゃってる状態で、元には戻せません。

一度この状態になると、どんな施術やどんな薬剤でも直すことはできません。

 

参考までにこちら。

参考記事:なおせる縮毛矯正、なおせない縮毛矯正。

 

 

もちろん一回で綺麗になるのが一番です。

でもこういう風に言っても癖はもちろん伸ばしてくれると思います。

 

 

 

 

失敗しないためのオーダー方法を伝えましたが、あくまで普通の美容室でオーダーする時に、うまく伝える方法です。

修正のきかない失敗を避けるため。参考にしてください。

 

 

でもほんとは、不自然にならずに癖を伸ばすのが最善なんて言われなくてもわかってるんです。

前髪がカッパみたいにシャキンとなってるのが可愛いと思ってやってる人なんていません。

わかってるんだけど出来ない。それが難しいところ。

 

 

 

だからこれだけ書きましたが、【オーダーの仕方】より、【上手な人】を見つける方が良いです。

手っ取り早い (結局w)

 

何もオーダーしなくても伝わると思いますよ。

結局は施術する人の技術によることがほとんど。。。。

 

カットもカラーもそう。

【いつも伝わらない】は伝え方じゃなく、その人の技術では【それを再現できない】のかもしれないですね。

 

 

みなさんも素敵な美容師さんに出会えますように。

 

 

僕へのご相談はこちらから。

LINE@→@ejb8557d

 

 

 

ご予約はこちら

縮毛矯正のスペシャリスト 西口朝都
投稿を作成しました 130

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る