縮毛矯正、ストレートパーマとは。

Pocket
LINEで送る

東京、吉祥寺のUn ami kichijojiで美容師をしている西口朝都(アサト)です。

縮毛矯正のスペシャリスト。

自己紹介はこちら。

 

 

さて、今回は今更ですが「縮毛矯正とは」

 

検索ワードで縮毛矯正と入れると一番上に出てきます。

みんなどういうものか知りたがってるんですね。

 

・縮毛矯正初めてやってみようかな、、、
・いつもやってるけど詳しくは知らない
・どういう仕組みなの?

 

 

 

今回はそんな疑問にお答えします。

 

 

 

まず縮毛矯正とは?

 

 

僕はこのブログに散々色々書いてますが、まずは一般的なお話を。

 

 

シンプルにいうと、癖をまっすぐにする技術。

その名の通り、縮毛を矯正する技術。

 

1液で髪をやわらかくして形を変えやすくして、ブローアイロンで形を変え、2液で固定します。

その過程でアイロンを使うのが縮毛矯正、そうでないのがストレートパーマと一般的にはいわれています。

 

 

 

縮毛矯正するとどうなるの??

 

 

 

一般的なイメージ。

 

メリットは

・癖が伸びる
・ツヤが出る

 

デメリットは

・ボリュームがなくなる
・髪が硬くなる
・毛先までシャキンとまっすぐになる
・パーマができなくなる
・ダメージが大きい
・カラーが綺麗に染まらなくなる
・伸びてきたときに気になる
・料金が高い

 

 

メリットだけ見たら確実に扱いやすくなるのですが、みんなこのデメリットの部分が気になるから縮毛矯正、ストレートパーマに踏み出せないんですよね。

簡単に原因を説明します。

 

・ボリュームがなくなる

強い薬を使いすぎてしまうと、髪の中身がなくなりボリュームが減ります。また、アイロンでペタンコに潰してしまうのも原因。

 

・髪が硬くなる

これも同じ。強い薬で髪のタンパク質を変性させてしまうのが原因。アイロンの熱も熱変性を起こします。

 

・毛先までシャキンとまっすぐになる

これも同じ。タンパク質を変性させて硬くまっすぐに固定してしまうのが原因。強い薬とアイロンの熱ですね。

 

・パーマができなくなる

これもです。タンパク質は一度変性を起こすと形が変えれなくなります。すなわちパーマがかからない。

 

・ダメージが大きい

そうですね、縮毛矯正は傷みます。「傷まない縮毛矯正!」とか「アルカリを使わないのでダメージはありません!」なんて言ってるところは嘘つきです。

嘘偽りない情報を伝えるためにずっとブログを書いてるので、もう一度言います。

縮毛矯正は傷みます。ただカラーやパーマ、なんだって傷みます。それと同じです。美容室に傷まないメニューはありません。

ただダメージが大きいか?と言う話は後ほど詳しく。

 

・カラーが綺麗に染まらなくなる

これもタンパク質が変性してると起こります。カラーが濁るって美容師は言ったりしますね。

 

・伸びてきたときが大変

あまりに不自然にまっすぐにしてしまうと、伸びてきた根元の癖との差が大きく、目立ってしまう。気になるのが早いので面倒だと感じやすいのが原因。

 

・料金が高い

美容室の中で一番高額なメニュー。所要時間は平均2〜4時間。

繊細な作業と技術が要求されるので仕方ないかなと。

高ければいいってものでもありませんが、多少は仕方ないかなと。料金に見合った仕上がりを提供してくれる美容師さんを見つけてください。

 

 

 

 

…こんなにデメリットあったらやりたくないですね(笑)

僕もこんなにデメリットがあったらやりません(笑)

 

 

じゃあなんでやってるんよ、、、と。

 

 

 

それはこれが一般的なイメージにしかすぎないからです。

本当のトコロを知らないから。

そして98%ぐらいの美容師も知りません。だから大体どこの美容室に行ってもそういう仕上がりになります。

 

なんで美容師も知らないのか?

それは圧倒的に施術する人が少ない(経験が少ない)のと、情報が無さすぎることですね。

ネットで調べても色んな情報が出てきてどれが本当かわかりません。カットやカラーみたいに本も全然無ければ、講習会みたいなのも少ないです。

そして、何より施術するお客様がそもそもそんなにいないので、美容師的にもそんなに深く極める分野でもないのです。

言い方が悪いですが、それならカットやカラーを極めた方が毎日お客様に還元できるし、売上的にも上がる。

 

だからたまに施術する方が来店したらその場しのぎでなんとなくやってる人がほとんど。

たまたま上手く行けば次回から毎回同じやり方で。ダメージがどうとか、変性がどうとか関係ありません。満足してたらそれでよし。ぐらいな感じです。

 

 

 

 

じゃあ本当のトコロを知ってるとどうなるの??

 

 

 

そうですね、簡単に言うと、デメリットがなくなります。

 

・ボリュームがなくなる
・髪が硬くなる
・毛先までシャキンとまっすぐになる
・パーマができなくなる
・ダメージが大きい
・カラーが綺麗に染まらなくなる
・伸びてきたときに気になる
・料金が高い

 

これが、なくなる。。。

 

 

強い薬をつけて、無理にアイロンの熱で伸ばすことはしないので、

・ボリュームがなくなる
・髪が硬くなる
・毛先までシャキンとまっすぐになる
・パーマができなくなる
・カラーが綺麗に染まらなくなる

なんてことは起こりません。

 

むしろ髪がやわらかなるし、カラーは綺麗に染まります。

そしてパーマも綺麗にかかります。それはまた別の機会に詳しく書きますね。

 

 

自然にかければ伸びてきたときに気になることもありません。(元の癖が相当強いよ気にはなりますが、、、)

 

 

そしてダメージ。

めちゃめちゃ傷むイメージあると思いますが、これも一般的なイメージです。

縮毛矯正にパワーはいらないのです。

知識と技術でカバーできちゃいます。

 

傷む縮毛矯正は癖を思いっきり引っ張って熱で固めるイメージ。

僕の縮毛矯正は癖を優しく解いてまっすぐに整えるイメージ。

 

薬剤をつけてる以上、多少のダメージはありますが、見た目や手触りは確実に綺麗になるので本人はもちろん、周りからもわかりません。

無理な力を加えていないので、内部のダメージもそこまで気にするほどでもないですね。

 

そして、縮毛矯正をかけるとダメージに強くなるので良いことづくしです。

 

参考記事:縮毛矯正をかけると髪が強くなる!?

 

 

料金が高いのは、仕上がりが良ければ納得していただけるんじゃないでしょうか。

余談ですが、僕の新規の方の料金が来年から上がるかもしれないので、体験してみたいって方は年内がオススメです。既存のお客様は変わりませんのでご安心ください。

 

 

 

 

 

縮毛矯正とは。

長々と書きましたが、一般的なイメージによるデメリットが先行しすぎてあまり踏み切れずにいますが、デメリットがなくなるといったら??

 

 

ぜひ一度体感しにきてください。

 

 

 

 

ご相談だけでもどうぞ。

LINE→@ejb8557d

 

 

 

ご予約はこちら

 

縮毛矯正のスペシャリスト 西口朝都
投稿を作成しました 130

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る