ストレートパーマとデジタルパーマって実は似てる??

Pocket
LINEで送る

東京、吉祥寺のUn ami kichijojiで美容師をしている西口朝都です。

縮毛矯正のスペシャリスト。

自己紹介はこちら

 

 

 

 

今回のテーマは

 

「ストレートパーマとデジタルパーマって実は似てる??」

 

 

 

ストレートパーマとデジタルパーマって全然違うように見えますよね。

でも実はやっていることは似ているんです。

 

 

ストレートパーマ、縮毛矯正の工程は前回記事で書きました。

 

シャンプー→1液塗布→流し→ブロー(アイロン)→2液塗布→流し→ドライ

 

 

デジタルパーマでも、実は使う薬も工程も全く同じ。

違いは伸ばすか巻くか。だけです。

 

ブロー(アイロン)の部分でロッドを巻けばデジタルパーマです。

 

 

だからアイロンでぺたんこにつぶされていない限りは、ストレートパーマ、縮毛矯正をかけた髪にでもパーマはかけれます。(普通のパーマだと少し難しい)

 

ずっとストレートパーマをしている方でも、毛先にパーマで動きをつけてあげることが可能です。

 

仕組みが同じなので、同時に施術することもできます。

しかも早い!

 

根元の癖やボリュームは抑えたいけど、毛先がまっすぐで動きがないのは嫌、、、

 

そんなワガママを叶えてくれます。

 

 

そして素晴らしいのが、普通のパーマだと元々癖がある人にパーマをかけると、

当たり前ですが、癖×パーマのデザインになります。

もちろんそれも想定してかけますが、元々の癖に影響されます。

 

対してデジタルパーマは、途中までストレートパーマの工程と同じ。

つまり、癖をリセットしてパーマのデザインを楽しむことができます。

もちろん残すこともできます。それもデザイン。

 

 

普通のパーマのほうがいい場合ももちろんありますので、そこはしっかり説明させていただきます。

 

 

こんな根元はボリュームを抑えたストレート×毛先はナチュラルなパーマも叶います★

 

 

ぜひ一度お試しください。

縮毛矯正のスペシャリスト 西口朝都
投稿を作成しました 130

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る