実際の施術写真。(縮毛、バラバラの履歴)

Pocket
LINEで送る

東京、吉祥寺のUn ami kichijojiで美容師をしている西口朝都です。

縮毛矯正のスペシャリスト。

自己紹介はこちら

 

 

 

 

 

写真は先日施術したお客様のbeforeです。

 

 

 

髪質は硬くて太い(強い)、毛量がめちゃくちゃ多い、

写真ではわかりづらいのですが、縮毛と呼ばれる種類です。

くせの強さもそこそこ。

縮毛については前回記事より。

くせ毛の原因、種類。

 

そして意外と厄介なのが、カラーとストレートの履歴が違う方。(全然できますがほんとは先にカラーした方が髪にとってはいいです。)

 

 

根元 10cm弱→カラーもストレートもしていない

中間→カラー履歴あり

毛先→カラー、ストレート履歴あり、毎日アイロンを使う

そして毛先の先はかなりのハイダメージ

 

 

全然履歴が違うので、違うアプローチ方法で施術します。

 

一種類で根元(一番髪が強いところ)もしっかり癖が伸びて、毛先もダメージしないなんて夢のような薬はありません。

 

 

 

今回のお客様は薬を4種類塗り分け。

 

 

根元の薬はこれで何分放置。どういうブローの方法で、アイロンの温度、技法は。

 

中間の薬はこれで何分放置。ブロー、アイロンは、、、

 

毛先はこれで、、、、

 

 

 

というふうに部分部分によって全く違う施術をします。

 

違う人をやっているような感じです。

 

 

それプラス、前と後ろでは癖の種類が違ったりもします。

 

そこでもまた方法を変えますが、

 

 

僕がこだわっているのは、どんな違う薬、工程を辿っても

 

最後には根元から毛先まで、前も後ろも全て同じ質感になること。

 

 

自分で触った時に、毛先まで柔らかくしっとり。

 

まるで生まれつきストレートだったかのような髪に。

 

 

 

 

after (加工はしていません)

 

 

 

乾かしただけです。

縮毛矯正したとは感じさせないやわらかさ。

 

シャキンと硬くなっては失敗ですからね。

ストレートパーマ、縮毛矯正の失敗の原因。

 

 

 

また次回、僕のストレートパーマ、縮毛矯正のこだわりを書かせていただきます。

 

 

皆さんも自分の髪を好きになれますように★

縮毛矯正のスペシャリスト 西口朝都
投稿を作成しました 130

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る