施術写真。髪質硬めしっかり×ハイライト履歴ありのハイダメージ

Pocket
LINEで送る

東京、吉祥寺のUn ami kichijojiで美容師をしている西口朝都(アサト)です。

縮毛矯正のスペシャリスト。

自己紹介はこちら

 

 

さて今日もお客様施術写真。

ブログを見てのご来店。ありがとうございます。

 

 

事前にメッセージをいただいていました。

 

昔からずっと髪を結んでおり、下ろすことはほぼないそう。

でもずっと結んでると頭が痛くなったりする、、、

 

今回久々に伸ばしたくて縮毛矯正をかけてみようと思ったそうです。

 

before

 

髪質硬くてしっかり、ハイライトの履歴あり。

毛先はちぎれたりで軽くなってるのもありかなりのハイダメージ。

縮毛矯正とハイライトの相性は実はめちゃくちゃ悪いです。

 

過去にも書きましたが、ダメージ部分を塗り分けたり、アイロンの工程を変えたりができないからです。

そして髪が強い方は強い薬が必要なんですが、ハイライト部分はそれではチリチリになってしまいます。

逆にハイライトに合わせて弱すぎると全体の癖は伸びない、、、

 

そんなストライクゾーン激狭な薬剤選定が必要です。

場合によってはお断りする場合もあります。

 

今回は大丈夫と判断したので施術していきます。

 

 

今回はまず先にカラー。

似合う髪色にするのはもちろん、新生毛と既染毛のダメージレベルを合わせるのも大事です。

 

 

 

その後の縮毛矯正は薬を3種類塗り分け。

アイロンも根元と毛先で方法を変えます。

 

そんなやり方もあるんですねーてびっくりしてました。

そう、色んな技使います。毎回違います。

飽きずに楽しめます。

 

after

 

きれいになりました。

伸ばすとのことで、毛先は整えた程度。

これで下ろすのも楽しめますね。

 

長いお時間ありがとうございました。

喜んでいただけてよかったです。

 

 

縮毛矯正+ハイライトを考えている方はよく考えてからをオススメします。

髪がめちゃ強くて癖が強い人はあまりオススメしません。

 

そしてできれば、そこまで考えれる知識のある人に両方施術してもらったほうがよいです。

他の人がやると、履歴が全くわからないですからね。

まあでもそういう人はほぼ断ると思いますがw

 

 

僕はあまりオススメしませんので、基本お断りしています。

インナーカラーや、デザイン的にグラデーションで毛先だけブリーチなどは可能です。

 

 

 

私はどうなの?って気になる方いたらぜひご相談ください。

癖に悩まずにデザイン楽しみましょう!

 

LINEからでもどうぞ。

→@ejb8557d

 

 

ご予約はこちらから。

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正のスペシャリスト 西口朝都
投稿を作成しました 130

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る