施術写真。根元の縮毛矯正+毛先のビビリなおし

Pocket
LINEで送る

東京、吉祥寺のUn ami kichijojiで美容師をしている西口朝都(アサト)です。

縮毛矯正のスペシャリスト。

自己紹介はこちら

 

 

 

お客様施術写真です。

 

 

 

ご新規のお客様。

約半年前の縮毛矯正が原因で、毛先がビビリになってしまった方。

 

ずっと髪がまとまらず、悩んでたそうです。

でもその美容師さんには言えず、、

 

これは完全に美容師の責任です。

できないなら断るのも勇気。

参考記事:美容師の責任。

 

before

 

完全に毛先がビビっています。

そしてもちろん根元の半年分は癖が出ています。

 

髪質自体は硬くしっかりしています。

癖の強さもそこそこ。

 

 

今回は根元の癖はしっかり縮毛矯正で抑えつつ、毛先はビビリなおしを同時施術。

正直かなり難易度高いです。

 

まずは薬剤の塗り分け。

毛先はこれ以上の薬剤ダメージを避けるため、酸性の薬で対応。

根元は本来、ある程度のパワーが欲しいところですが、少しも伸ばしたくないので、ノンアルカリの薬で対応。

 

実は白髪染めをしているお客様なのでノンアルカリの薬でも対応できたのですが、カラーをしていない方でこの髪質なら強いアルカリの薬が必要になります。

つまり必要以上のダメージが起きる。

今回のビビリなおしはもっと困難になっていたと思います。

 

カラーはしたほうが色々とメリットがありますよ。

 

縮毛矯正しててもカラーは諦めなくてもいい。むしろしたほうがいい??

 

処理剤もいつも以上にしっかり。

 

 

 

そして難しいのがアイロン。

アイロンで伸ばすわけではないのですが、足りない薬剤パワーを熱の力で還元力(髪の結合を切る力)をアップします。

通常のアイロン法とはかなり異なった方法でやります。

企業秘密ですが、書いてもたぶん誰もまねできません。

 

 

after

 

 

 

どうでしょう。見違えるほどきれいになりました。

これがbefore

 

 

今回は短くはしたくないとのことでしたので、この施術をしましたが、本来傷んだ髪は元に戻りません。

見た目と手触りはこの技術でよくできます。

 

が、中身は相当ダメージしています。

のでいずれは必ず切ることです。

 

今回も一ヵ月後とに少しずつ切っていくという提案をしました。

半年以内に全部生まれ変わる予定です。

 

 

任せてくださってありがとうございます。

こういう悲しむ人たちが出るのは防ぎたいところですが、もしそうなってしまったら同じところで直してもらうのは絶対やめましょう。

そういう失敗をする人は絶対直せません。

悩んでる方、ご相談ください。

 

 

 

ご相談だけでもどうぞ。

LINE→@ejb8557d

 

 

ご予約はこちらから。

 

縮毛矯正のスペシャリスト 西口朝都
投稿を作成しました 130

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る